JORM 日本オンコサーミア研究会


INFORMATION

日本オンコサーミア研究会について

温熱治療(ハイパーサーミア)は、がんの種類に関係なく効果が期待でき、副作用が少ない ので、集学的治療として実施されています。
その後続として、オンコサーミア治療はハンガリーにて開発されました。より少ないエネルギーで、深部に存在する腫瘍に対しても効果が高くなるように考えられたもの で、新たな理論と技術が実用化されたのです。

世界の中では、ハンガリーの他にもドイツ、韓国など30ヵ国の臨床で用いられておりますが、日本では未承認医療器のままです。

そのため、本研究会は国内での臨床実績を少しでも集約・共有し、近い将来、患者さまががん治療の選択肢として考えていただけるよう、臨床効果の分析を行うことを目的として設立されました。

詳しくはこちら